So-net無料ブログ作成

イソギンチャクに付くスズメダイの仲間たち@柏島 [ダイビング(国内その他)]


 ⑦M0013128
  クマノミのペア。正面顔もカワイイですね♪

もう3ヵ月にもなろうという柏島シリーズも、いよいよ残すはスズキ目だけになりました。
でも、以前にもご紹介したように、魚はほとんどがスズキ目なので、実はまだ折り返し点に到達しているのかも微妙なんです。
GW位までには終わるかなと思っていたんですが、チョット甘かったようです。(苦笑)
ただ、いつも同じような調子の記事でも飽きるかな?と(私自身も)思って、今回はちょっと趣向を変えて、特定の魚種に絞って、少し掘り下げてみようと思います。
というコトで、タイトルにありますように、イソギンチャクに付いて生活している魚に、スポットを当ててみました。

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

映画のニモをご覧になった方はご存知でしょうが、イソギンチャクは毒を持っているので、普通の魚は近付くコトができません。ところが、自然界とはよくしたモノで、そこに適応するコトで安全を確保してしまった魚がいるんです。
その代表選手がクマノミの仲間。分類的には、スズキ目スズメダイ科の更にクマノミ亜科となります。容姿がカワイらしいので、観賞魚としても人気者です。
日本では、6種類を見るコトができるんですが、その内の5種類は、奄美または沖縄以南にしかいません。よって、今回ご紹介するのは、伊豆でも見られるただ1種類の、クマノミです。

クマノミ(ペア;10~15㎝位)
 ⑦M0014517
  上側の尾ビレが白っぽい方が♀、下側の尾ビレが黄色い方が♂。

大抵は、1つのイソギンチャクに、1組のペアと、何匹かの幼~若魚で住んでいるパターンが多いんですが、実は、本当の親子ではありません。クマノミは孵化すると、その場を離れて別の場所まで漂ってから、やがて定着をするので、謂わば養子縁組といった所でしょうか。(と言っても養育する訳ではナイんですが。)
 ⑦M0013631
  中央付近の3匹が若魚(3~5㎝位)。
  右上隅は、後出のミツボシクロスズメダイの若魚。
  この写真でも、成魚はコチラを向いていますが、とっても愛想が良い
  というワケではなく、一生懸命威嚇しているんです。
  スズメダイの仲間は、カワイらしい容姿とは裏腹に、
  かなり攻撃的で激しい気性のモノが多いです。

子供の頃には、黄~オレンジ色をしているんですが、成長と共に黒っぽくなり、真っ黒になるタイプとそこまでは黒くならないタイプの2種類に、地域によって分かれたりもするんですが、柏島ではどちらのタイプも見るコトができます。
 ⑦M0014608

  ↑の成魚の方ですが、この位黄色味が強いと、ミクロネシアにいる
  オレンジフィンアネモネフィッシュのような雰囲気になりますね。
 ⑦M0014607

そして今回は、孵化直前まで成長した、卵を見るコトができました♪
 ⑦M0014521
  下の方に見えているのは親ですが、この時は珍しく
  あまり攻撃して来ませんでした。
  写真の上側の壁面にビッシリと付いているのが卵なんですが、
  原画ではハッキリと写っていたのに、圧縮している関係で、
  分かり辛くなってしまってスイマセンが、
  ↑↓それぞれ、ピントの合っている部分を見てもらえれば、
  ほとんど魚の形になっているのが分かりますでしょうか?
 ⑦M0014520
  ひょっとしたら、この日の日没後に、ハッチアウトしたかも知れません。

さて、もう1つ紹介しますのが、同じくスズメダイ科の、
ミツボシクロスズメダイ(幼魚;1㎝前後~若魚;5㎝弱)。幼~若魚は伊豆でも見られます。
若い程、名前の由来の白点が目立っているんですが、額と体の両側を合わせて3ッ星です。(普通、○センとか○テンとかいう名前は、体の片側だけでの数であるコトが多いんですが、少数派ながら両面で数える魚もいます。)
 ⑦M0013112
  (左上隅はソラスズメダイ、右方の大きいのはオジサン、細いのは
   ホンソメワケベラ、右上隅にはクマノミの一部も写っています。)

記憶力の良い方は覚えているかも知れませんが、
そう、エソの特集記事で、食べられていたアノ魚です。
それだけの紹介では可哀想なので、追悼と言うか、名誉挽回の為の特集です。(笑)

クマノミ程にはイソギンチャクへの依存は強くなく、成魚になると、ほとんど離れている感じです。(成魚;10~15㎝位)。
 ⑦M0014737
  スズメダイの仲間は、幼魚はとってもカワイイのに、
  成長と共にカワイさが失われてしまいがちなんですが、(笑)
  この子は、まん丸でカワイイですね♪

コチラは、一体何が有ったのか?刀傷のような傷跡が目立ってましたが、古傷のようで、今は特に何も問題無いようでした。
 ①M0018459

そして、誰かさんの強い要望にお応えして、いちゃいちゃシーンです。(笑)
 ⑦M0014311
  ピッタリと寄り添ったり、グルグルとジャレ合ったりしていました。
 ⑦M0014312
  ♂か♀か分からないんですが、婚姻色でズイブンと白くなっています。
  これでは、ミツボシシロスズメダイ!?(笑)

コチラは、また別の個体ですが、セッセと貝殻を運んでいました。
愛の巣作りでしょうか?
 ⑦M0012784

そして最後は、
珍しく成魚が大きな群れを作っていました♪
 ①M0018719


nice!(67)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 67

コメント 32

いとお

クマノミ!かわいいですねぇ~(^^)
イソギンチャクって毒持ってるんですか(^^;
by いとお (2010-03-29 11:43) 

qoo2qoo

こんにちわ☆
スズメダイの仲間さんまんまるで可愛いですね!!
⑦の白く見える魚さん、綺麗ですね(≧▽≦)ノ
by qoo2qoo (2010-03-29 13:04) 

ふーみん

イソギンチャクについて安全確保のクマノミ
尾びれの色で雄雌がわかるのですね。
黄色と黒の模様で格好いいですね。
卵 川の様に見えます。
ミツボシクロスズメダイ
黒に白の点が目立ちますね。
スズメダイの幼魚まんまるで可愛いですね。
じゃれあってるスズメダイ色が違うので別の魚みたいですね。
不倫? 貝殻をはこんだりもするのですね。 初めてみました。
by ふーみん (2010-03-29 13:51) 

HAL

孵化直前の目のあるシーンをまだ撮ったことがないんですよー
いつもイクラ状態ばかりです(^^;

きらきらお目目、私も撮りたい!!
by HAL (2010-03-29 14:17) 

ile

クマノミと言えば威嚇ではなく攻撃されたことがあります。
「何かにぶつかった?」って感じだったんですが、実は頭部をかじられてたんです。

ハッチアウトは生で見てみたいですね〜。

by ile (2010-03-29 21:54) 

satton

ウツボの口の中に入っても食べられないエビがいましたね。クマノミはイソギンチャクの毒をもった触手の中で平然と泳いでいるし、生き物の関係というのは不思議で興味深いです。クマノミはきれいな魚という印象しかありませんでしたが、いろいろな姿や生態を見せてもらって認識を新たにしました。
by satton (2010-03-29 22:21) 

SAKANAKANE

いとおさんへ
クマノミは、やっぱりアイドルですね。
イソギンチャクは、人間でも体質によっては、触るとヒドイ事になる場合も有るようです。
by SAKANAKANE (2010-03-30 02:47) 

SAKANAKANE

qoo2qooさんへ
まんまるなのは、カワイイですよね♪
最近は、タイ焼きでも白いのが有ったりしますよね。(笑)
by SAKANAKANE (2010-03-30 02:51) 

SAKANAKANE

ふーみんさんへ
尾ビレの色で分かるのは、分かり易くて良いですよね。
卵は、目が銀色に光って、キレイでした。
ミツボシクロスズメダイは、成長すると、まんまるな体型になるんです。
あははっ、大丈夫です。色は違っていても、同じ種類ですから、不倫ではありませんね。
魚も種類によっては、結構口でモノを運んだりするんですが、スズメダイの仲間では、割りと珍しい方だと思います。
by SAKANAKANE (2010-03-30 03:01) 

SAKANAKANE

HALさんへ
私も初めてだったんですが、HALさんもとは意外です。
1,000本以上潜っていても、まだまだ見てないモノ、見たいモノ、行きたい所は尽きるコトは無いんでしょうね。
潜れなくなる迄は、ずっと一生楽しめますよね♪
by SAKANAKANE (2010-03-30 03:07) 

SAKANAKANE

ileさんへ
私は、クマノミになら齧られたい~♪(←魚M?笑)って思ってるんですが、そんなオーラが出ているせいか、まだ齧ってもらったコトが有りません。
ハッチアウトは、ナイトでないと(笑)、見れないようですね。
by SAKANAKANE (2010-03-30 03:13) 

SAKANAKANE

sattonさんへ
クマノミとイソギンチャクは、共生関係と言われているんですが、実はまだよく分かっていないようです。(それで、その事には敢えて触れませんでした。)
でも本当に、生き物同士の関係って、不思議で面白いモノが多いですよね。
生態とか、色々な面が分かってくると、また一層興味深くなりますね。
by SAKANAKANE (2010-03-30 03:22) 

まぐろとわさび

貝殻くわえて泳ぐスズメダイ・・・微笑ましいですね。
愛の巣つくりなんて^^
婚姻色っていうのも面白い!
人間も婚活中の人は色が変わればわかりやすいのにね(笑)
by まぐろとわさび (2010-03-30 14:56) 

SAKANAKANE

まぐわささんへ
重さは無いにしても、水の抵抗とか結構有りそうで、大変なような気がします。
何かを咥えている姿って、猫にも共通しますが、カワイイですよね♪
魚では、婚姻色って結構有って、とってもハデになったり、目を引くデザインが現れたりもします。
人間も、お年頃になってくると、色気づいて(笑)化粧をしたり着飾ったりするようになるので、それもある種の婚姻色と言えるかも知れませんね。
by SAKANAKANE (2010-03-31 06:52) 

achami

クマノミは、カメラ向けると歯をキラキラさせながら、向かってきますよね(^^;;

ま、それも可愛いんですけど〜♪
by achami (2010-03-31 15:10) 

uminokodomo

わ~いっ♪
私の大好き、クマノミさんの番がまわってきました ^^
ふ化直前の卵、写真で撮ると、ちょっと感動モノですよね!
小さい目たちに見られて、緊張します ^^
by uminokodomo (2010-03-31 23:17) 

SAKANAKANE

achamiさんへ
やたらと向かって来られると、ピントが合わなくて、撮れないんで困っちゃいますよね。
ハウジングに、ぶつかって来る子もいるし・・・。
by SAKANAKANE (2010-04-01 05:49) 

SAKANAKANE

uminokodomoさんへ
こんな写真しか撮れなかったのに、喜んで頂いてアリガトウございます。
この卵は、結構何人もで順番待ち状態だったので、肉眼でジックリと観る余裕も無く、取り敢えず急いでシャッターを3回押したような状態でした。後で写真を確かめてみたら、すっかりと魚の形になっていたので、感激でした♪
by SAKANAKANE (2010-04-01 05:58) 

スマイル

相変わらず神秘的な世界ですね・・・
海の世界の生き物さんもいろいろなドラマが
あるのですね・・・
わたしなんて、スズメダイさんたちには容姿に
心を開き、一機に威嚇されそうです。
いちゃいちゃ・・・人間とおんなじですね・・参ったぁ
傷ついたおさかなは自力で治すのですか?
強いなぁ~  
ありがとうございました♪

by スマイル (2010-04-01 09:31) 

今造ROWINGTEAM

クマノミ可愛いですー★(∩∀`*)
孵化直前の卵を見れるって羨ましいです!^^
by 今造ROWINGTEAM (2010-04-01 16:51) 

chima

孵化直前の卵お目々がいっぱい@@
もう、意識はあるのかなぁ~
ニモを思い出し、ちょっと涙ぐみました
威嚇してるといっても正面顔はかわいいですね
ププ
by chima (2010-04-02 00:03) 

SAKANAKANE

スマイルさんへ
コメント、ありがとうゴザイマス。
とても感受性の豊かなスマイルさんでしたら、海の生き物たちについての、ステキな絵本が書けそうですね。
魚って、同じ動物でも、犬や猫なんかと違って、ズイブンと遠い存在に思っていたんですが、ダイビングを始めて実際に接してみると、ヤッパリ同じように表情も感情も有るんだなぁと、そして生活も家族も有って、すっかりと近い親しい存在と思えるようになりました。
by SAKANAKANE (2010-04-02 06:54) 

SAKANAKANE

今造ROWINGTEAMさんへ
クマノミは、やっぱりアイドルですね♪
孵化直前の卵は、私も初めて見るコトができたので、感激でした!
by SAKANAKANE (2010-04-02 06:57) 

SAKANAKANE

chimaさんへ
きっと、もう意識も有るんじゃナイのかなぁ・・・。
小さな魚たちからしたら、ダイバーなんて怪獣のような存在だと思うんですが、果敢に立ち向かって来る姿は、とても健気で、母は偉大だなぁ!って感動すら覚えてしまいます。
by SAKANAKANE (2010-04-02 07:05) 

mitu

クマノミ、水族館でしか見たことがありませんが
可愛いですよね^^。
卵のお写真、貴重ですね。
by mitu (2010-04-02 21:19) 

SAKANAKANE

mituさんへ
実際に見てみると、またカワイイです。
そうなんです。孵化直前の状態は、私も初めて見るコトができました。
by SAKANAKANE (2010-04-03 08:18) 

アヨアン・イゴカー

>ミツボシクロスズメダイ
むむ、エソの口の中にござった方ですか。
何とも微妙な気分になりました。
by アヨアン・イゴカー (2010-04-04 17:32) 

リュカ

こういう黒っぽい色をしたクマノミ。初めて見ました!!
黒っぽくなっているグラデーションが、なかなか渋くていいですね。
by リュカ (2010-04-04 22:39) 

SAKANAKANE

アヨアン・イゴカーさんへ
野生動物においては、当然食べられる局面も存在する訳ですが、実際生態系の頂上にいる我々は、ついつい忘れがちになってしまいますね。
一つ一つの命の犠牲の上で、生きさせて貰っているコトを、忘れないようにしないとイケマセンね。
by SAKANAKANE (2010-04-05 06:13) 

SAKANAKANE

リュカさんへ
海外では、あまり真っ黒いタイプを見た覚えが無いので、シックな和風の装いなのかも知れませんね。
by SAKANAKANE (2010-04-05 06:18) 

risingmoon

せっかく私のためにイチャイチャシーンをあげてくださったのにご訪問遅れてすみませ~んw
とはいえ、そちも好きよのぅ(笑)
ぶりぶりいちゃいちゃしてるトコをSAKANAさんが食いついている姿が思い浮かびましたw
クマノミの卵今にもとびでてきそう!目もしっかりうつっていてバッチリですね☆

by risingmoon (2010-05-18 15:11) 

SAKANAKANE

risingmoonさんへ
そうですよ~。せっかく月さんの為にUPしたのに、ちっとも来てくれないから、すっかりモチベーションが落ちて、この体たらくですよ~。(と、人のせいにしてみた。笑)
いえいえ、とてもそんな、お月さまに比べましたら、カワイイもので・・・。(笑)
クマノミの卵、肉眼ではあまりハッキリとは見えなかったので、後で写真を見てビックリ!&ニンマリ♪でした~。
by SAKANAKANE (2010-05-31 01:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。