So-net無料ブログ作成
検索選択
ダイビング(国内その他) ブログトップ
前の10件 | -

♪どどんとハゼどん。ハゼ、はぜ、ドン!丼?(笑) ハゼの仲間たち@柏島《サンゴ編》 [ダイビング(国内その他)]


イキナリですが、お詫びと訂正です。
前回のタイトル、妙齢(笑)の方にはお分かり頂けたようですが、昔のアニメ「ハゼどん」の主題歌のつもりだったんですが、間違えていました・・・。
今回のタイトルが正解だと思うんですが、前回のは「天才バカボン」と混乱していました。(苦笑)
ここに、お詫びして訂正を致します。
とは言っても、気が付くのがすっかりと遅くなってしまったので、自戒の意も込めて、前回のタイトルはそのままにしておきます。(その内にヤッパリ直してしまうかも知れませんが・・・。笑)

と、ココまで書いて下書きに保存したつもりが、間違えて公開しちゃってました。
しかもその後 、管理ページを見もしないで、パソコンを閉じてしまった・・・。
どっちも、いつもはしない事なのに、重なる時は重なるモノなんですね。
早々にお越しいただき、ただ写真を並べただけの記事をご覧になられた方々、どうも申し訳ありませんでした。

さて、本題に移りまして、今回はハゼ特集の後編で、ソフト・コーラルも含む、サンゴに付いて暮らしているハゼの仲間たちを紹介します。(今回も、厳密に言うと、他の場所でも見られる種類も含んでいます。)

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

まずトップバッターは、ダルマハゼ(2~3㎝位)。柏島が北限かも知れません。
こうして、サンゴの隙間に住み付いているので、なかなかチャント全身が拝めません。
 ①M0019568
  ↑惜しいっ、顔が・・・。

  ↓顔は見えてるけど・・・。
 ①M0019563

  結局、全身を撮るコトはできませんでしたが、コレが一番チャント撮れたかな。
 ①M0019560
  仲間にはパンダダルマハゼと言うのもいて、もっとカワイイんですよ♪

お次は、多分アカテンコバンハゼ(3~4㎝位)。コチラも柏島が北限かなぁ?
 ⑦M0014976
  常にチョロチョロと動き回って隠れようとするので、更に撮り辛いです!

  やっと全身を捉えた♪と思ったら、ピントが・・・。(涙)
 ⑦M0014970
  やはり、こういう場合は、オートでは無理ですね・・・。

  小さいですが、唯一、目がチャント撮れてる写真。
 ⑦M0014962
  よく見ると、2匹いますね。

さて、ここからは更に小さくなって、イソハゼ属の仲間です。
まずは、ハナグロイソハゼ(2~3㎝位)。コチラも図鑑では奄美諸島以南。
 ⑦M0014204
  例によって、本当は赤い色をしています。

そしてコチラは、ヒメニラミベニハゼ(2㎝前後)。八丈島にはいるようです。
 ①M0019523
  ウツボ特集に載せた写真の別カットです。

  ↑とは別の個体ですが、珍しく良い感じに撮れてくれました。
 ⑦M0014530
  原画を拡大して見ると、とってもカワイイんですよ♪

では、ここからは、ウミタケハゼの仲間です。
大抵はこうして、ソフト・コーラルのトゲトサカの仲間に付いています。
↓結構何匹も付いていたんですが、2匹しか写っていませんでした・・・。
 ⑦M0014304

↑とは別の場所で撮った写真ですが、
多分アカスジウミタケハゼ(3㎝前後)。伊豆には、ほとんどいないと思います。
 ⑦M0014024
  こんな根元にいたのは初めて見ました。逃げて来たのかな?

コチラは、スケロクウミタケハゼ(3~4㎝位)。コチラは伊豆でもお馴染みです。
半透明の乳白色のボディーで、目の部分が無かったら、見つけられそうにアリマセン。
 ⑦M0014531
  棲み処のトサカと言い、とても絵になってくれます。
 ⑦M0014533

  ↓は、チョット春の雰囲気♪
 ①M0019416

最後は、ガラスハゼ属の仲間です。
ガラスハゼ(3~4㎝位)。伊豆でも普通種です。
 ⑦M0013474
  こうして、ムチカラマツやムチヤギの仲間に付いている所しか
  見たコトが無かったんですが・・・、

  ナゼかこんな所にいたので、初めはイソハゼの仲間かな?と思ったんですが、
  よく見たら、ガラスハゼでビックリ!
 ①M0019424

  ライトの当たらない部分は青味がかって、
  とってもキレイですね♪
 ①M0019423

  最後の1枚は、エビ・カニ特集の時にチラっと触れました、
  どちらにもピントの合った2ショットです。
 ①M0019469
  実は、出し惜しみではなくて、
  ちょうど柏島でフォトコンをやっていたので、
  それに何点か応募していた写真は、公開を控えていたんですが、
  ええ、晴れて(笑)落選したので、憚りなくお披露目とあいなりました。



《お詫び》

最近、何やかやと忙しいのも有って、ブログをサボリがちです。
週一の更新もおぼつかなくなり、皆さんの所への訪問も、数週間に1度位になってしまっています。
毎回マメにご訪問くださっている方には、心苦しいばかりで
本当に申し訳ありません。

連休も、出掛ける予定も有って、どうなるか分かりませんが、遅くなっても必ず伺いますので、どうか長い目で見て頂けたら幸いです。
こんな私にいつもお付き合い頂きまして、心優しい皆様には感謝の気持ちでイッパイです。
本当に、どうもアリガトウございます。


♪どんどん、ハゼどん。ハゼ、ドン!丼?(笑) ハゼの仲間たち@柏島《砂地編》 [ダイビング(国内その他)]


タイトルにありますように、今回はハゼを、しかも次回と2回にわたっての紹介になります。
何しろハゼ科は、魚類では(と言うか、全脊椎動物においても?)多分最大の種数を誇り、日本にいるモノだけでも400種を超えます。そして単に多いだけではなく、とても美しいモノから奇抜なデザインのモノまで、非常にバラエティーに富んでいて、ファンやマニアも多いんです。そして、そんなハゼ好きな人たちにとって、ここ柏島は、まさに聖地ともメッカとも言える場所なんです!

と、盛り上げるようなコトを言っておきながら、実は大した内容ではありません。(苦笑)
以前に、職を変えた際に平日に訪れた時は、1人でジックリと撮れる状況もあって満足できたんですが、今回は連休に行った為、ダイバーも多く、常に何人もで同じ被写体を狙う形になります。ハゼは臆病な性格なのがほとんどで、無闇に近付くと、砂地ではすぐに巣穴に引っ込んでしまいます。脅かさないようにゆっくりと匍匐前進で少しずつ近付かなければならないんですが、誰かが焦って引っ込ませてしまったらソレでお終いです。その為、人数が多い程、誰かに引っ込まされない内に、少しでも早く近付いて撮ろうという空気になり易く、悪循環に陥ってしまうのです。(と、一応言い訳をしてみる・・・。笑)

また前置きが長くなってしまいましたが、スズキ目ハゼ科の仲間の内でも、今回は砂地に住んでいるハゼを特集しました。(ただし、厳密な意味での砂地に限らず、砂礫地帯や、サンゴの残骸等によるガレ場も含みます。)

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

まずは、ハタタテハゼ(5~7㎝位)。伊豆では、まず見られません。
こうして、ペアでシンクロしているコトが多いです。
 ⑦M0014321

  コチラは、別の個体に結構近付いて撮れた1枚。(この子もペアでいました)
 ⑦M0014847
  いつものコトですが、実際は私の写真よりも、もっとキレイなんですよ。

そしてコチラは、同属のアケボノハゼ(5~7㎝位)。世界的にも結構レア種で、恐らくは柏島が自然分布の北限ではないかと思われます。
 ⑦M0013577
  チョット怒ったような顔ですが、ツンツン系がまた萌えます♪

  ↑と同じ個体ですが、光が当たって、色が出てくれています。
  (かなりボケボケですが・・・。)
 ⑦M0013566
  この子は撮られ慣れてるのか、全然引っ込まず、良い子でした♪
  周りに何かの稚魚が写っていますが、餌にするには大き過ぎかな?

お次は、ヤシャハゼ(5㎝前後)。伊豆では、まず見られません。
今回は全く寄れず、こんな写真でスイマセン。
 ⑦M0013079
  やはりココでも、稚魚が群れてますね。

  分かり辛いですが、ほぼ正面顔。アゴの下にも、ワンポイント入ってるんですね。
 ⑦M0013049

コチラもまた分かり辛い写真ですが、キツネメネジリンボウ(5㎝前後)。これもやはり、柏島が北限かも。以前に紹介したネジリンボウに比べると、見た目は地味ですが、かなりのレア種です。
  ↓ペアで、ちょこんと頭を出しているのが分かるでしょうか?
 ⑦M0013054

  片方(多分♀)は引っ込んでしまいましたが、体長の半分以上は出ています。
 ⑦M0013053

  ↓今回一番寄れた写真。目が辛うじて分かるかな?
 ⑦M0013065

一方、これまた小さくて、形しか分からない写真ですが、
ホタテツノハゼ(5㎝前後)。伊豆では見られません。
 ⑦M0013515
  今回、背ビレ全開を撮れたのは、この1枚だけ・・・。(苦笑)

  名前の通り、背ビレを広げると、とても立派なんですが、
  威嚇用なので、普段は閉じています。
  引っ込ませない程度にプレッシャーを与えて、
  背ビレは全開にして欲しいんですが、
  ↓この子の場合は、結構肝が据わっていたようで・・・、(笑)
 ⑦M0014778
  最初は開いていたのに、次第に閉じ始めてしまいました・・・。
  そして、ついには、↓完全にクローズ。
  これでは、「帆立角ハゼ」ではアリマセン。(笑)
 ⑦M0014780
  まぁ、その代わりに共生エビとの2ショットが撮れたので、良しとしましょう。
  でも、このエビ、ニシキテッポウエビです。
  今までコトブキテッポウエビとの組合せしか見た覚えが無かったので、
  ビックリでした!

さて、チョット変わった所で、コチラはナイト・ダイビングの時に見たんですが、
多分、フタスジハゼかなぁ?(5㎝前後)。これまた、柏島が北限かも知れません。
 ⑦M0013398
  このオキナワハゼ属の分類は、進んでいないとのコトで、ひょっとしたら
  超レアな別種の可能性も有るかも知れません。
 ⑦M0013404
  それなのに、うっかりと同じような角度からしか撮っていませんでした。
  不覚・・・。

さて、レア系ばかりが続きましたが、ここらでホっと一息の普通種。(笑)
伊豆でも見られる、オトメハゼ(10~15㎝位)。
また全く色が出ていないので、どこが乙女?って感じですが、実際にはこの斑点は、とてもキレイなオレンジ色なんです。
 ⑦M0014084
  やはり、ペアで仲良くいるコトが多いです。
  大きなお口が、ブサカワ系?(笑)

一方コチラは、セホシサンカクハゼ(5㎝前後)。伊豆にもいるようです。
周囲に見事に溶け込んでいますね。
 ①M0018893

コチラは、元の画像ではもっと見えていたんですが、フォトで圧縮されたら、ほとんど何だか分からなくなってしまいましたね・・・。
伊豆でも普通種の、オニハゼに似ていますが、同属の別種かも知れません。(10㎝前後)
 ①M0018546

さて、最後は砂地に住むハゼの代表格と言ってもいいかも知れない、ダテハゼ属の仲間たちです。
まずは、クビアカハゼ(5~8㎝位)。伊豆では、まず見られません。
 ⑦M0014141
  いつものセリフですが、ホントは赤いんです・・・。(苦笑)

コチラは、ダンダラダテハゼ(10㎝前後)。これも柏島が北限かなぁ?
 ⑦M0014793
  コチラも、ホントはオレンジ系。

↑とはチョット違って見えますが、これもダンダラダテハゼのようです。
 ⑦M0014012

この辺りは、皆似通っていて、違いも微妙なんですが、
コチラの2枚は、ミナミダテハゼのようです(10㎝前後)。伊豆では、ほとんど見られません。
 ⑦M0014827

 ①M0018914

と言うコトで、今回は内容もマニアックになり過ぎてしまった上に、写真もヒドイのが多くて、楽しめなかった方も多いと思います。
次回は、サンゴ(ソフト・コーラル等)に付いているハゼを特集しますので、エビ・カニ特集の時のように、ちゃんとカラーでキレイな写真が多くなる予定ですので(←ホントか?笑)、これに懲りずに、またヨロシクお願いします。


小っちゃくてカワイイけど、怒りんぼ!?スズメダイの仲間たちⅡ@柏島 [ダイビング(国内その他)]


 ⑦M0013919
  青いソラスズメダイの群れと、縞々のオヤビッチャ。上端右方の腹側半分だけはミツボシクロスズメダイ。

前回に引き続き、今回もスズメダイの仲間の紹介です。

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

まずは、前記事に登場したミツボシクロスズメダイと同属の、
フタスジリュウキュウスズメダイ(5~10㎝位)。伊豆でも見られるようですが、私はほとんど見た覚えが有りません。
 ⑦M0014436
  (右下方は、ミツボシクロスズメダイ。)

幼~若魚時代は、パンダのような柄もしていて、とてもカワイイんですが、成長とともに気性が激しくなって来て、攻撃性はスズメダイの中でもトップ・クラスです。
  ↓同種同士でも、こうしてよく喧嘩をしています。
 ⑦M0014433
  威嚇なのか、興奮してるからなのか、体色が白く輝いています。

  決着が付き、片方は逃げ去って行き、勝利の余韻に浸っている?
 ⑦M0014435
  今度は、普段よりも黒ずんでいます。

一方コチラは、伊豆でも普通種の、コガネスズメダイ(10~15㎝位)。
 ⑦M0014759

幼魚時代は、とてもカワイイんですが、やはり親になると攻撃的になります。
  ↓ペアですが、♂は求婚時には白っぽくなるようです。
 ⑦M0014813
  イイ所をジャマしちゃったのか、スゴイ睨んでます・・・。(笑)

コチラもまた別の個体ですが、ヤッパリ怒り顔ですね。
 ⑦M0012876
  卵を守っている時の親は、更にもっと怒り顔になるんですよ。

さて、チョット恐い系ばかりが続いてしまったので、ここらでカワイイ系を。
ミスジスズメダイ(5㎝弱)。伊豆にもいます。
 ⑦M0014194
  (左上方はハタタテハゼのペア。)

  正面から見ると、模様がまたカワイイですね♪
 ⑦M0014198

今回は、萌え系のロリっ子にはあまり会えなかったんですが、
クロメガネスズメダイ(若;5㎝前後)。眼鏡っ子です。(笑)
幼魚は伊豆でも見られます。
 ①M0018350
  ボケボケ写真でスイマセン・・・。

コチラは、キホシスズメダイの幼魚(2~3㎝位)。八丈島ではお馴染みです。
 ⑦M0014883
  小さくしか撮れませんでしたが、結構キレイです。

一転して渋系で、タカサゴスズメダイ(5~10㎝位)。伊豆では、ほとんど見られません。
 ①M0018817
  (中央寄り、上方はカモハラギンポ、下方はナガサキスズメダイの若魚。)

  ↑↓個体によって、体色も結構違ってます。
 ⑦M0014422

コチラは、マツバスズメダイの群れ(10㎝前後)。伊豆にもいます。
 ⑦M0012725
  (もうお分かりでしょうが、下方はソラスズメダイの群れ。)

再びカラフル系に戻って、コチラは、ソラスズメダイをゴージャスにした感じの、
セナキルリスズメダイ(5㎝前後)。伊豆ではレアです。
 ⑦M0014566

さて、最後に、写り込みの数では1番ではナイかと思われる、(笑)
ソラスズメダイ(5㎝前後)。伊豆でも極普通種です。
アリガタみは有りませんが、こうして群れている情景は、やはり良い感じなので、3枚続けてどうぞ。
 ⑦M0013749
  紺色に近いのは婚姻色です。

 ⑦M0013927
  (縞々なのはオヤビッチャ。)

 ⑦M0014667
  ちょっと南国チック♪


イソギンチャクに付くスズメダイの仲間たち@柏島 [ダイビング(国内その他)]


 ⑦M0013128
  クマノミのペア。正面顔もカワイイですね♪

もう3ヵ月にもなろうという柏島シリーズも、いよいよ残すはスズキ目だけになりました。
でも、以前にもご紹介したように、魚はほとんどがスズキ目なので、実はまだ折り返し点に到達しているのかも微妙なんです。
GW位までには終わるかなと思っていたんですが、チョット甘かったようです。(苦笑)
ただ、いつも同じような調子の記事でも飽きるかな?と(私自身も)思って、今回はちょっと趣向を変えて、特定の魚種に絞って、少し掘り下げてみようと思います。
というコトで、タイトルにありますように、イソギンチャクに付いて生活している魚に、スポットを当ててみました。

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

映画のニモをご覧になった方はご存知でしょうが、イソギンチャクは毒を持っているので、普通の魚は近付くコトができません。ところが、自然界とはよくしたモノで、そこに適応するコトで安全を確保してしまった魚がいるんです。
その代表選手がクマノミの仲間。分類的には、スズキ目スズメダイ科の更にクマノミ亜科となります。容姿がカワイらしいので、観賞魚としても人気者です。
日本では、6種類を見るコトができるんですが、その内の5種類は、奄美または沖縄以南にしかいません。よって、今回ご紹介するのは、伊豆でも見られるただ1種類の、クマノミです。

クマノミ(ペア;10~15㎝位)
 ⑦M0014517
  上側の尾ビレが白っぽい方が♀、下側の尾ビレが黄色い方が♂。

大抵は、1つのイソギンチャクに、1組のペアと、何匹かの幼~若魚で住んでいるパターンが多いんですが、実は、本当の親子ではありません。クマノミは孵化すると、その場を離れて別の場所まで漂ってから、やがて定着をするので、謂わば養子縁組といった所でしょうか。(と言っても養育する訳ではナイんですが。)
 ⑦M0013631
  中央付近の3匹が若魚(3~5㎝位)。
  右上隅は、後出のミツボシクロスズメダイの若魚。
  この写真でも、成魚はコチラを向いていますが、とっても愛想が良い
  というワケではなく、一生懸命威嚇しているんです。
  スズメダイの仲間は、カワイらしい容姿とは裏腹に、
  かなり攻撃的で激しい気性のモノが多いです。

子供の頃には、黄~オレンジ色をしているんですが、成長と共に黒っぽくなり、真っ黒になるタイプとそこまでは黒くならないタイプの2種類に、地域によって分かれたりもするんですが、柏島ではどちらのタイプも見るコトができます。
 ⑦M0014608

  ↑の成魚の方ですが、この位黄色味が強いと、ミクロネシアにいる
  オレンジフィンアネモネフィッシュのような雰囲気になりますね。
 ⑦M0014607

そして今回は、孵化直前まで成長した、卵を見るコトができました♪
 ⑦M0014521
  下の方に見えているのは親ですが、この時は珍しく
  あまり攻撃して来ませんでした。
  写真の上側の壁面にビッシリと付いているのが卵なんですが、
  原画ではハッキリと写っていたのに、圧縮している関係で、
  分かり辛くなってしまってスイマセンが、
  ↑↓それぞれ、ピントの合っている部分を見てもらえれば、
  ほとんど魚の形になっているのが分かりますでしょうか?
 ⑦M0014520
  ひょっとしたら、この日の日没後に、ハッチアウトしたかも知れません。

さて、もう1つ紹介しますのが、同じくスズメダイ科の、
ミツボシクロスズメダイ(幼魚;1㎝前後~若魚;5㎝弱)。幼~若魚は伊豆でも見られます。
若い程、名前の由来の白点が目立っているんですが、額と体の両側を合わせて3ッ星です。(普通、○センとか○テンとかいう名前は、体の片側だけでの数であるコトが多いんですが、少数派ながら両面で数える魚もいます。)
 ⑦M0013112
  (左上隅はソラスズメダイ、右方の大きいのはオジサン、細いのは
   ホンソメワケベラ、右上隅にはクマノミの一部も写っています。)

記憶力の良い方は覚えているかも知れませんが、
そう、エソの特集記事で、食べられていたアノ魚です。
それだけの紹介では可哀想なので、追悼と言うか、名誉挽回の為の特集です。(笑)

クマノミ程にはイソギンチャクへの依存は強くなく、成魚になると、ほとんど離れている感じです。(成魚;10~15㎝位)。
 ⑦M0014737
  スズメダイの仲間は、幼魚はとってもカワイイのに、
  成長と共にカワイさが失われてしまいがちなんですが、(笑)
  この子は、まん丸でカワイイですね♪

コチラは、一体何が有ったのか?刀傷のような傷跡が目立ってましたが、古傷のようで、今は特に何も問題無いようでした。
 ①M0018459

そして、誰かさんの強い要望にお応えして、いちゃいちゃシーンです。(笑)
 ⑦M0014311
  ピッタリと寄り添ったり、グルグルとジャレ合ったりしていました。
 ⑦M0014312
  ♂か♀か分からないんですが、婚姻色でズイブンと白くなっています。
  これでは、ミツボシシロスズメダイ!?(笑)

コチラは、また別の個体ですが、セッセと貝殻を運んでいました。
愛の巣作りでしょうか?
 ⑦M0012784

そして最後は、
珍しく成魚が大きな群れを作っていました♪
 ①M0018719


♪フグおいしい、すごくオイシ~♪フグの仲間たちⅡ@柏島《後編》 [ダイビング(国内その他)]


 ⑦M0012922
  前々記事のトップ写真の、向かって左側にいた、ハリセンボンたち。
  (背景はソラスズメダイ等、右下隅はハナミノカサゴの頭部。)

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

前回に引き続き、フグ目のご紹介の後半です。 
いよいよ本丸、フグ科となります。
とは言っても、大型種は亜熱帯まで行かないとなかなか見れないんですが、幼~若魚だったら柏島でも見るコトができます。
というコトで、サザナミフグの若魚(20㎝前後)。伊豆では、ほとんど見られません。
 ①M0018682
  仔犬のようなカワイさが有ります♪
 ①M0018685
  やっぱり、体色をすぐに変えられるんですね。

別の場所で、別の子が、向こうからやって来ました。
 ①M0018531
  正面顔は、ヤッパリ味が有りますね♪

  最初の子より更に幼くて、あどけない感じです。(15㎝前後)
 ①M0018535

ここからは、小型種のキンチャクフグ属の仲間です。
まずは、シマキンチャクフグ(5~10㎝位)。伊豆では、ほとんど見られません。
 ①M0019074

  ↓は、チョット幼い感じ。
 ①M0019142

さて、↓の写真、目立っている3匹は、どう見ても↑と同じ種類に見えますでしょうが、実は全くの別種で、カワハギ科のノコギリハギという魚なんです。
 ①M0019366
  有毒な別種に擬態する例は、様々な生物で見受けられますが、
  これ程までに酷似していて、しかも別の科というのは、
  多分この手の擬態の最高傑作でしょう!
  それぞれに個体変異も有るので、目視での確実な識別点は、
  背ビレの形状のみと言っていいかも知れません。
  この写真でも、原画を拡大してみて、やっと確認できるといった状況です。

コチラは、ハナキンチャクフグ(10㎝前後)。伊豆でも見られます。
相変わらず、私の写真では分かり辛いですが、繊細な飾り模様が入っていて、とてもキレイです。
 ①M0019373
  ↑赤味の強いタイプ。

  ↓黄味の強いタイプ。
 ⑦M0014685

  ↓は、深場なので色が出ていませんが、
  ペアでぐるぐるイチャついて追いかけっこしてました。(笑)
 ①M0019132

そして、最後はハリセンボン科。
まずは八丈島でお馴染みの、イシガキフグ(40㎝前後)。伊豆では、ほとんど見られません。
 ①M0019392
  なかなか立派な個体でした。
 ①M0019394

で、コチラは多分、ネズミフグ(30~40㎝位)。大きいのは70㎝位にまでなります。伊豆では、やはりほとんど見られません。
 ⑦M0013098
  ナゼか、口は半開き。この脱力感、まさにユルキャラですね。(笑)

  そして、お約束の正面顔♪
 ⑦M0013100
  カエル顔と、泥棒ヒゲが、もう堪りませんね♪

そして最後は、ハリセンボン(20~30㎝位)。伊豆でも普通種です。
膨らんだ状態は、→コチラ
 ⑦M0013637
  明るい場所だったので、珍しくキレイに撮れました。

  コチラは、かなりの老成魚といった感じでした。
 ①M0018855

  そして、〆はヤッパリ(ほぼ)正面顔で。
 ①M0019547
  ボケボケですが、やっぱりカワイイですね♪


♪フグおいしい、すごくオイシ~♪フグの仲間たちⅡ@柏島《前編》 [ダイビング(国内その他)]


さてさて、今回はフグ目の仲間をご紹介しますが、カワイイのが多くて沢山撮ってしまい、なかなか絞り切れなかったので、2回に分けてお送りします。
とは言っても、相変わらず私の写真なので、そこは割り引いて見てくださいね。(笑) 
以前の八丈島篇とも結構カブっていますが、多分皆忘れているでしょうというコトで、あまり気にせず行ってみます。(笑)

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

では、まずはモンガラカワハギ科から行ってみましょう。
南のリゾートでは種類も豊富でユニークなのも多いんですが、この辺りはサスガの柏島でも、地味系が少々といった感じです。
そんなトップ・バッターは、ツマジロモンガラ(20~25㎝位)。幼魚は伊豆でも見られます。
 ⑦3553969
  (周囲の青い小魚は、ソラスズメダイ。)

  ↓は、ペアで楽しそうに、グルグルと追いかけっこをしていました。(羨)
 ⑦3553968
  やはり尾ビレの白い縁取りは、こういう時にはとても目立ちます。

一方、コチラは、メガネハギ(25~30㎝位)。目立たないせいか、伊豆ではほとんど聞いたコトが有りません。
 ⑦3553972
  モンガラカワハギ科の仲間は、皆それぞれにハデで分かり易い特徴が
  有るんですが、この種類だけは例外的にコレと言った特徴が有りません。
  まぁ結果的には逆にそれが、皮肉にも大きな特徴になっているとも言えます。
 ⑦3553973
  (2枚とも同じ個体です。)

さて、お次はカワハギ科です。
まずは、(多分)ヨソギの若魚(5~7㎝位)。伊豆でも普通種です。
体色を変えるコトができて、変装名人です。
 ⑦3553977
  この写真では、ちょうど背景が真っ黒に近いので分かり易いんですが、
  なかなか効果的な迷彩です。

コチラは、アオサハギの若魚(5㎝弱)。幼~若魚は、伊豆にもよくいます。
 ⑦3553988

そして、この辺は小さ過ぎて、よく分からないんですが、やはりアオサハギの幼魚なのかなぁ?(1~2㎝位)
 ⑦3553976
  下の方に、オルトマンワラエビの脚だけ写っています。(笑)

  もう1匹、別の場所で別の個体。
 ⑦3553984
  チャント環境に合わせて、色を変えていますね。

小さいのが続きましたが、一転して、カワハギ科の中では多分最大になりそうな、
ソウシハギ(30~40㎝位)。伊豆でも見られます。
デカイのは、この倍位になります。
 ⑦3553986
  コチラも、変装名人。
  ↑岩の表面に、見事に同化しています。

  ↓見破られたと悟ると、瞬時に通常の色に戻って、逃げて行きました。
 ⑦3553987

そして、ここからはハコフグ科です。
まずは、ウミスズメ(20~30㎝位)。伊豆でも普通種です。
 ⑦3553989
  六角形の網目模様が目立つタイプ(↑)と、
  そうではないタイプ(↓)がいます。
 ①3554004

  そして、コチラは若魚。(10~15㎝位)
 ⑦3553985
  実は、記事作成の為に写真を選んでいて初めて気付いたんですが、
  この子と上の写真の子、見えてるサイドが違っていますが、
  色柄がソックリですよね!
  ウミスズメって、結構外見は個性が有るので、
  ひょっとしたら、半年後の成長した姿を再び見るコトができたのか?
  それとも、ただの他人の空似なのか?
  この写真だけでは何とも言えませんね・・・。

一方コチラは、シマウミスズメ(5~10㎝位)。やはり伊豆でも普通種です。
蛍光ブルーの虫食い模様がとてもキレイなんですが、ヤッパリ残念な写真になっています。(苦笑)
 ①3554003
  泳ぎ方も、とってもキュートなんですよ♪

そしてコチラは、ミナミハコフグの若魚(5㎝前後)。幼~若魚は、伊豆にもいます。
今回の記事で唯一の、光を照らしてもらった写真です。(笑)
 ①3554002
  もっと小さいと本当にカワイらしくて、大人気アイドルなんですが、
  カワイイ盛りを、チョウド卒業してしまった頃でしょうか。(笑)

  更に大きくなると、黄色味も薄れて来て、黒点模様から白点模様に
  変わります。(若;10~15㎝位)
 ⑦3553971

  コチラはペアでいましたが、上側の大きい方(20㎝前後)は、♂のように見えます。
 ⑦3553970
  下側の方は、まだ小さくて性別もハッキリしない感じですが、
  はたして、どういう関係なのでしょうか・・・?
  まぁ、ヤボな詮索は止めておきましょう。(笑)

一方コチラは、ハコフグ。伊豆でも普通種です。
  ↓は、♂の成魚です(20㎝前後)。
 ①3554005

  そして、↓は♀(15㎝前後)。ここまで成長すると、一目瞭然です。
 ⑦3553975

  ↓同じ子ですが、正面顔も撮れました。
 ⑦3553974
  やっぱり、カワイイですね♪


バラエティー豊かで、キャラ立ちもスゴイ!カサゴの仲間たち@柏島 [ダイビング(国内その他)]


 ⑦3546664
  大きなサンゴの陰で休憩中?のハナミノカサゴ。(他にハリセンボンも見えています。)

さて、今回はカサゴ目となります。
以前にもご紹介しましたが、魚類の中では圧倒的なシェアを誇るスズキ目に次ぐ、2番目に大きなグループとなります。
その割りには、実は今までピンでの特集をしていませんでした。と言うのも、地味めなモノが多い上に、擬態上手だったり、暗い所が好きなのも多かったりして、なかなかチャントした写真が撮れないんです・・・。
でも、魚自体は、とっても個性的で興味を惹くモノが多いんです。しかも、かなりの美味なモノもいたりして、決して侮れなかったりします。(笑)

なお今回は、結果的には偏ってしまいまして、最後に登場する1種類を除いては、全てフサカサゴ科となります。
ところで、これ迄の記事で、目という括りでは、かなり違いの目立つ種類が仲間になっている印象が有るかと思いますが、このフサカサゴ科においては、科という狭い括りの中ですら、すごくバリエーションに富んでいます。モチロン、これから紹介するモノは、その極一部に過ぎないんですが、個性派揃いの綺羅星のような面々を楽しんで頂けたらと思います。

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

それでは、カサゴの仲間としては、かなり華やかな所から行ってみましょう。ただし、キレイなバラには・・・と言うコトで、強力な毒も持っています。
まずは、ハナミノカサゴ(30㎝前後)。
ミノカサゴとは、とても近い仲間なんですが、コチラの方が南方種になります。伊豆辺りでは、ミノカサゴの方が断然多いんですが、八丈島や柏島では逆転して、ほとんどがハナミノカサゴになります。
 ①3546717
  トップの写真のように、暗い所にいるコトが多いんですが、
  珍しく明るい所にいたので、結構色が出てくれました。
  平均的な色調はこんな感じですが、もっと赤味が強いモノから
  ほとんどグレーのモノまで、個体差も激しいです。

  コチラは若魚。(15~20㎝位)。
  ヒレが真っ黒のタイプをチャント見たのは初めてだったので、
  テンションが上がりました♪
 ①3546714
  ひょっとして、ガンガゼに擬態?

  先っちょだけ白くなってるのが、またオシャレですね。
 ①3546715

お次も同属の、ネッタイミノカサゴ(20㎝前後)。
名前の通り、更に南方種で、伊豆ではたまに幼魚が流れ着く程度です。
 ①3546716
  胸ビレの形状と模様が独特で、また魅力的ですよね。

  コチラは、少し色が出てくれました。
 ⑦3546689
  ドレスのような趣きです♪

そして、ここからは属が変わりますが、やはりよく似ている、
キリンミノカサゴ(20㎝前後)。学名ではゼブラですが、ナゼか和名では麒麟です。やはり伊豆では、まず見られません。
 ⑦3546685
  この個体、よく見ると体高も有って、風格が漂い、皮弁も擦り切れている感じで、
  老成魚なのかも知れません。

  で、コチラはまた、そこそこ色が出てくれている写真。
 ①3546726
  この胸ビレ、星も有って、チャント光を当てたら、
  とってもキレイだと思います。

そしてコチラは、すっかりと雰囲気が違いますが、やはり同じ仲間で、
ヒレボシミノカサゴ(10㎝前後)。伊豆では、まず見られません。今まで海外リゾートでしか見たコトが無かったので、感激でした。
 ⑦3546684
  コレ実は、岩の隙間の奥の方に隠れていたので、かなり暗かったんです。
  それでもこれだけ色が出ているというコトは、光を当てたら
  ド派手な朱~オレンジ色をしているハズです。
  蛇ノ目模様も青がかっていて、きっと極彩色だと思います。
  目の下から前方に突き出している皮弁も、角のようで面白いですよね。
  (右奥は、キンセンイシモチ。)

コチラも同属です。シマヒメヤマノカミ(10~15㎝位)。伊豆にもいるようです。
この写真では、ヒメヤマノカミとの判別が微妙ですが、どうやらシマの方っぽいです。それにしても、名前の中に、姫と山の神の両方がいるって、オモシロイですね。
 ①3546723
  これもまた色が出ていませんが、恐らくはキレイな朱色のタイプではなく、
  元々褐色のタイプなのだと思います。

さて、豊富にいたミノカサゴ類はここ迄として、ここからはフサカサゴ類を。
で、イキナリ変わりモノです。
ナンだか虫のような、変な形をした魚がいました。(3~5㎝位)
 ⑦3546659
  ↑真上から見ると、こんな感じ。

  ↓横から見ると、こんな感じ。
  立派な触覚?が生えています。効果的な迷彩で分かり辛いですが、
  触覚の根元には、大きめの目が付いています。
  全体像が分かりますでしょうか?
 ⑦3546660
  フサカサゴ系の幼魚だとは思うんですが、この辺の資料は、
  手元には全く有りません。
  この触覚のような皮弁からすると、ネッタイフサカサゴが有力に思えますが、
  はたしてどうなのでしょう?

コチラは、砂地でペアでいましたが、パっと見で魚って分かりますか?
 ⑦3546661

  下の方の魚のアップ。(10㎝前後)
 ⑦3546662

  上の方の魚のアップ。(20㎝前後;正面方向から)
 ⑦3546663
  伊豆でも普通種の、オニカサゴだと思うんですが、
  チョット普通のとは違う雰囲気です。
  2匹の大きさもズイブンと違っていて、カポーではないのか・・・?
  あるいは、スゴイ年の差カポーなのか?(笑)

一方コチラは、多分オニカサゴではなくて、ウルマカサゴの若魚(10㎝前後)。・・・ではナイかと思うんですが、とにかくこの辺は、資料がほとんど無くて、確かなコトは言えません。図鑑の分布域も、琉球列島以南になってるし・・・。
 ⑦3546688

で、コチラも、ズイブンとゴッツイ感じのサツマカサゴだなぁ!と思ったんですが、多分ニライカサゴ(旧名セムシカサゴ)だと思います(20~25㎝位)。これも図鑑では、琉球列島以南の分布。
 ①3546712

  正面からのアップ。なかなかの迫力です!
 ①3546713
  見覚えが有るように思われた方もいますでしょうか?
  以前に長良川ダイビングで紹介した、淡水魚のアユカケにも似ています。
  でも、アチラはカジカ科というコトで、面白いですね。

そして、変わり者も極め付け!
ハダカハオコゼ(10㎝弱)。多分、柏島が自然分布の北限かと思われます。
この写真では分かり辛いですが、とっても薄っぺらいんです。
 ⑦3546686
  体色も、緑褐色、黄色、鮮やかなピンク!等々、
  実にバリエーション豊かなんですが、この子は微妙な色合いをしていて、
  光を当てたら、全然違う色になっちゃいました!
 ⑦3546687
  ハオコゼ科というのが有って、よく似た感じの子もいたりするんですが、
  実はこの子、やっぱりフサカサゴ科なんです。
  初めてそれを知った時は、ちょっとビックリでした。
  名前に偽りアリぢゃん!って、ツッコミたくなりますが、そもそも命名の時点では、
  そう思われていたんでしょうね。

そして、最後も強者です♪
この姿、ある動物にソックリですよね?
 ①3546724
  そう、その名も、ワニゴチです!〈コチ科〉(50~70㎝位)
  伊豆では、まず見られません。
 ①3546725
  全く別系統で、何の類縁も無いのに、こんなに似たデザインになるなんて、
  本当に生き物の進化って、不思議で面白いですよね♪


イワシの仲間と、エソの仲間たち(練り物の原材料?笑)@柏島 [ダイビング(国内その他)]


 ⑦3543192
  キビナゴの群れ。

前回は、高級食用魚の仲間でしたが、今回は、カマボコや魚肉ソーセージやツミレ等の原材料となっている、イワシやエソの仲間です。
イワシのツミレは有名ですが、エソをご存知の方は少ないと思います。見た目もパっとせず、名前も壊疽を連想させたりして、良い所が無いような感じですが、味の方もイマイチなのか、ひたすら練り製品の原材料に使われるのみのようです。その上、イメージ的な理由なのか、原材料名に明示されないコトも多いようで、チョット可哀想な扱いを受けている魚ですね。
今回は、そんなエソを特集してみようと思ったんですが、サスガに地味過ぎで、しかも地べた(海底)ばかりの写真になってしまうので、申し訳程度ですが、イワシの仲間も組合わせてみました。

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

さて、まずはイワシの仲間からですが、ご紹介するのはたったの1種類だけで、写真もトップのと合わせて2枚だけ、しかも写りも悪いです。(苦笑)
イワシの仲間と言っていますが、分類としては意外にも、ニシン目ニシン科となります。前回もそうでしたが、やはり「目」という大きな括りでは、同じ仲間とは思えない程の違いが有るコトも多かったりします。
そして、ご紹介するのも、イワシではなくて、キビナゴです。
キビナゴの群れ(10㎝弱)。伊豆でも普通種です。
 ⑦3543194
  この写真では分かり辛いですが、銀メッキを施したような体が、
  キラキラと光って、とても美しいです。

キビナゴは、比較的浅い所で、いつも大きな群れを作っていますが、イワシのように密集した「玉」を作るコトは無いようです。
味もオイシイんですが、小さ過ぎるせいか、普通は酒の肴位でしか、お目に掛かれないですよね。

では、エソの仲間となりますが、分類としてはヒメ目エソ科になります。そう言われても、全く聞いたコトが無くて、ピンと来ないかと思います。
以前に八丈島篇でご紹介したコトが有りますので、覚えている方もいらっしゃいますでしょうか?
冒頭でも申した通り、地味な存在ですので、ダイバーからも人気は有りません。と言うか、見向きもされず無視されるコトの方が多いでしょう。
水族館でも、あまり見た覚えが無く、そういう意味では新鮮かも知れませんね。

まずは、アカエソ(20~30㎝位)から。と言いたい所ですが、アカエソ属は見た目がソックリなのが多く、ミナミアカエソや他の種類も混じっていると思いますが、その辺は寛い心でお願いします(笑)。伊豆でも普通種です。
ペアでいるコトも多いんですが、まずはその様子から。(写真は全て別個体です。)
  ↓一番オーソドックスな、横並び。
 ⑦3543196
  ピッタリと寄り添っていて、微笑ましいですね。
  微妙に阿吽の形になっています。(笑)

  ↓縦並び。
 ⑦3543193
  どういう意味が有るのか分かりませんが、
  他の魚種でも、たまに見掛けます。

  ↓直角型!?
 ⑦3543198
  もう、全く意味不明です。(笑)

比較的に浅場だったので、結構色が出てくれた一枚。
 ①3543216
  サスガに、ガイドさんもエソは照らしてくれません。(笑)

砂遁の術?砂地で半分ほど潜っていました。
 ①3543212
  若干ですが、体色も変えられるようですね。

コチラは、まだ子供。(10㎝前後)
 ⑦3543195

子供はヤッパリ、目が大きくてカワイイですね。
 ①3543213

コチラは、まだ若い大人で、ハタチ前後といった所でしょうか?(15㎝前後)
 ①3543214
  石にもたれて、ポーズを取っているように見えますね。(笑)

コチラは、見た目にハッキリと特徴が有るので、同定できます。
オグロエソ(15㎝前後)。伊豆では、ほとんど見ないかな。
 ⑦3543197

そして、コチラは、多分マダラエソ(20~25㎝位)。かなり南方種のようですが、柏島では普通に見られるようです。
 ①3543215
  相変わらず、ヒドイ写真でスイマセン・・・。


《おまけ》 

ふと見掛けたエソ(多分ミナミアカエソ)、口が不自然に開いています・・・?
 ①3543220

近付いて確認してみたら、ナンと食事中でした!
 ①3543221
  どうやら、ミツボシクロスズメダイのようです。
  目が分かりますでしょうか?
  元の写真を大きくして見ると、目がウルウルしているように見えて、
  ひょっとしたら、まだ意識が有ったりするのかなぁ・・・?


アンコウ目の仲間とキンメダイ目の仲間たち(って、タイトルではスゴくオイシそう...笑)@柏島 [ダイビング(国内その他)]


さて今回は、2目併載で、アンコウ目とキンメダイ目の紹介です。
どちらも高級食用魚として有名だと思うんですが、実際に食用としている同名の種類は、それぞれ深海魚で、今回登場するのはその仲間というだけで、残念ながら(笑)食用とはされていないか、食べられても一般には流通していない種類となります。

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

では、まずはアンコウ目からですが、全てカエルアンコウ科となります。
トップバッターは、ベニカエルアンコウ(10㎝弱)。伊豆でも普通種です。
いきなり、光の当たっていない分かり辛い写真ですが、実際に肉眼で見るとこんな感じで、見事に周囲に溶け込んでいます。
 ⑦3530209
  一際目立つ白い斑紋の左上斜め45゚位に有る、目が分かりますでしょうか?
  そのすぐ左横に、上方に向けて開く口が有ります。

で、そのすぐ脇には、小さなカワイイ幼魚が!
まるで親子のようにピッタリと寄り添っていますが、アカの他人(別種)なんです。
(多分)イロカエルアンコウの幼魚(1㎝前後)。やはり伊豆でも普通種です。
 ⑦3530213
  右下側に壁のように見えているのが、最初のベニカエルアンコウなんですが、
  光を当てると、こんな感じです。
  画面下端左方に見えている胸ビレが、水掻きの付いた手のようで、
  カワイくないですか?

ここからは、オオモンカエルアンコウ。伊豆でも幼魚は見られます。
まずは、真っ黒な個体(15㎝前後)。一体どこがナニやら?って感じですが、私も撮ってる時は全く分からないままでした。(斜め後ろ向きで、左側が尾ビレ。顔は見えていません。)
 ⑦3530212
  この場所では目立っていますが、周囲も暗い色だと、やはりとても
  見つけ辛いです。

擬態の技は、色だけではありません。
↓パっと見には、魚って分からないですよね。(20㎝前後)。
この写真で、目を見つけられたらスゴイです!
 ①3530234

光を当てれば、ナンとか分かりますでしょうか?
よ~く見れば、小さな目が見つかると思います。
 ①3530235
  始めの写真とは、チョット角度が変わっていますが、
  比べて見れば、顔が分かるかな。

コチラは、ブイのロープに付いていました。(25㎝前後)←デカっ!
ナゼこんな所にいるのでしょう?
 ⑦3530225
  シルエットですが、全体の形がよく分かると思います。

  寄って撮ると、こんな感じ。まずは口を見つけてもらえれば、
  位置関係から目も見つけられるかな?
 ⑦3530227

  ↓正面顔。
 ⑦3530226
  と言っても、顔に見えませんよね・・・。(笑)

替わりまして、キンメダイ目。全てイットウダイ科となります。
まずは、アカマツカサ(20㎝前後)。伊豆でも普通種です。
名前の通り、全身赤い色なんですが、普段は暗い所にいるので、光を当てないと色が出ません。
 ⑦3530211
  目がとても大きいんですが、帯状の模様が少しハミ出しているので、
  更に大きく見えます。
  与論島では、この仲間の刺身を食べましたが、意外と美味でした♪
  ただ、側線付近とかがかなり固くて食べ辛さも有ったので、
  それで一般には食用とされないんでしょうね。

コチラは、イットウダイ(15㎝前後)。伊豆では、ほとんど見られません。
ちなみに、漢字で書くと「一等鯛」です。
 ①3530232
  コチラも、本当は鮮やかな紅白のストライプで、とてもキレイなんですが・・・。

  正面顔は、やっぱりカワイイですね♪
 ①3530233

最後は、オメデタイ名前で、
ニジエビスの群れ(15㎝前後)。図鑑では、奄美諸島以南の分布。
 ⑦3530210
  よ~く見ると、一番左下側のだけ、少し模様が違っています。
  アヤメエビスで、お初でした!(やはり南方種。)
  こういう思わぬ出会いがまた、嬉しくて楽しいモノです♪


ウナギなら好印象でも、ウツボだと嫌われ者?ウナギ目の仲間たち@柏島 + 夜の横濱大棧橋撮練 [ダイビング(国内その他)]


ナンと今回は、豪華?2本立てです!
と言うか、ウツボだけの特集では、苦手な方もいらっしゃるでしょうし、写真の枚数もそれ程無いし、どうしようかなぁと思っていたんですが、ちょうど良いタイミングで写真を撮りに行って来ましたので、こんな構成にしてみました。
一応、苦手な方でも大丈夫そうなモノから順番に掲載して行きますので、「ウっ・・・、これ以上は、もうダメ!」とヤバそうになったら、決してムリをせず(笑)、その後はスルーして、一番最後の「続きを読む」から、もう1記事の方を読んで頂けたらと思います。

と言うコトで、今回はウナギ目の特集なんですが、実際にはウツボ科だけとなってしまいました。
でもコレを、タイトルに有るように、ウナギ目の仲間と言うか、ウツボ科の仲間と言うかで、ズイブンとイメージが変わってしまいますよね。(笑)

※なお、各写真の左下方に付いている記号は、が昨年7月の時の写真、が今年1月の時の写真、という意味です。 

では、先ず最初は、以前にもチラっと話しだけで紹介したコトの有る、ウツボでありながら、女性からも絶賛大人気の、奇跡的(←ちょっとオーバー)なウツボで、
ハナヒゲウツボ(推定1m前後)。本来の分布域は、奄美諸島以南らしいのですが、ここ柏島では、常に複数個体が暮らしています。
 ⑦3521866

明るいメタリック・ブルーと黄色の、鮮やかな2トーン・カラーですが、実はこのハナヒゲウツボは、成長に伴って性転換をする種で、幼魚時代は真っ黒なのが、♂の成魚になるとこの体色となり、更に♀になると真っ黄色へと変化するんです。こんな所も、他のウツボ科やウナギ目の仲間には見当たらず、本当に特異な存在なんです。
 ⑦3521765

それなのに、「ハナヒゲ」という名前はチョット可哀想で、上顎の先端には透明な花弁のようなモノが付いているので、ハナビラウツボとかの方が相応しく思えるんですが、実は、別種でハナビラウツボというのがチャント居て、しかも誰でも「どこがハナビラやねんっ!」と突っ込まずにはいられないような、全くカワイさのカケラも無い(笑)姿形をしていたりして、この辺りのネーミングは、もうチョット何とかならなかったのかなぁと思ってしまいます。
 ⑦3521764

さて、お次は、この位ならまだカワイイと思ってもらえそうな、
(通称)ゴールデンイールモレイ(推定20㎝前後)。レア種になります。
 ①3521868
  子供みたいな感じで、色もキレイなので、やはり女性にもウケが良いです♪

さて、この辺からは、いよいよヘビっぽくなりますので、苦手な方は要注意です。(笑)
で、いきなり正体不明種(苦笑)。頭部のみ出していて、全身の様子が分からなかったんですが、瞳の所に縦線のような模様が入って、まさにヘビのような顔に見えるのが特徴的で、簡単に種を同定できるだろうとタカを括っていたら、この模様は個体差によるモノなのか?該当する種を見つけられませんでした。
 ①3521869
  右側に、オレンジの小さなハゼが、やはり頭だけ覗かせていますが、
  コレを捕食しようと狙っていたのかどうかは、分かりませんでした。
  (ハゼの方をメインにした写真も撮っていますが、それはまた別の機会に。)

次は、寅年というコトで、年賀状等、目にする機会も急増したかと思える、(笑)
トラウツボ(60㎝~1m位)。伊豆でも普通種です。
 ⑦3521767
  節分は過ぎてしまいましたが、鬼の角も連想させて、
  カッチョイイですね♪

  ↑とは別の個体ですが、珍しく全身を現わしてくれた所。
  (写真には、全身入りきっていませんが・・・。)
 ①3521867

コチラは、ワカウツボの若魚(推定40㎝前後)。八丈島では見られます。
 ⑦3521766

  で、↓は、若くないワカウツボ(笑)。(成魚;推定60㎝前後)
 ⑦3521762

オマケで、(危険度大!閲覧は自己責任でお願いします。笑)
禁断の異種間不倫カップル!?
上側:ウツボ、下側:コケウツボ(共に推定1m前後)。どちらも、伊豆でも普通種。
 ⑦3521763
  スイマセン。最後にちょっとキショかったでしょうか?(笑)
  両種とも、以前に紹介済みですので、説明は省かせてもらいますが、
  もしも興味の有る方は(←いるのか!?)、コチラからどうぞ。

 

 

 

〈 ↑ この先、危険! 〉 (笑)

 

 

 

 

〈 安 全 地 帯 〉

 

 

 

 



続きを読む


前の10件 | - ダイビング(国内その他) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。